I's style

TEL:045-565-9890

FAX:045-565-9891

在宅ワークを快適にするリフォーム術

こんにちは。
最近、在宅ワーク・リモートワークを実施している企業も増えてきていますが、
家での仕事環境が整っていない、どこで作業をしようか、食卓だとなかなか集中できない、などのお悩みをお持ちの方もいらっしゃると思います。


そこで注目されているのがリフォームです。
とはいえ、時間をかけて大掛かりなリフォームをするのは難しい場合があるかと思います。
ですが、ご自宅の一角をリフォームしてスペースを設けるなど、全面的なリフォームではなくても快適な空間を作ることができますので
今回は在宅ワークをもっと快適にするリフォームについてご紹介してきます。

リビングやキッチンなどの一角を活用


新しく部屋を作ることはできない…という方におすすめの方法が、
リビングなどの一角にスペースを設けることです。


壁際や窓際などにカウンターのようなイメージでデスクを設置します。
デスクの幅は、ノートパソコンでの作業なら80センチ程度、
デスクトップパソコンでも1メートル程度あれば可能です。


小さいお子さんがいらっしゃるご家庭などは、目が届く範囲にデスクスペースを設けることで安心もできるかと思います。



間仕切りを設置する

間仕切りを設置して空間をスペースを作ることも可能です。
間仕切りは、パーテーションやロースクリーン、間仕切りドア(引き戸など)、
より個室感のあるスペースにするために少し高めの間仕切り壁など、様々なタイプがあります。


リビングに間仕切りドアを設置する場合は、お仕事以外の時はドアを開けておけば
リビングと一体の空間として開放的に使うこともできます。


また、パーテーションなどではなく、間仕切り壁にする場合は防音性もアップします。



デッドスペースを活用する


ご自宅の中でデッドスペースがある場合は、そのスペースを活用して在宅ワークスペースにすることもできます。
階段下やダクトスペース、また最近はウォークインクローゼットの中にデスクを設置する方も多いです。
ウォークインクローゼットって狭いからワークスペースを確保するのは難しいイメージがあるかもしれませんが、
天板を設置することができればデスクとして活用することができます。


また、上には棚を設置して、ファイルなどを収納するスペースを作ることも可能です。


ですが、デッドスペースを活用する場合は、
コンセントが近くにあるか、風通しなど暑すぎないかといったことを確認しておきましょう。



まとめ

在宅ワークを快適にするためにリフォームをされる方も増えています。
狭いスペースでもデスクとイスを設置できれば意外と快適なワークスペースにすることもできます。


全面的なリフォームをしなくても、ワークスペースを設けることはできるので、
気になることなどございましたらお気軽にお問い合わせくださいね。


ご予算やご要望に合わせてご提案させていただきます。





☆相鉄線沿線(横浜駅〜西谷駅)の施工対応注力しております!
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
株式会社アイズスタイル
本社:神奈川県横浜市西区南浅間町11-4 谷口ビル102
事務所:神奈川県横浜市西区浅間町5-378-12 Kビル2F
営業時間:09:00 ~ 18:00
定休日:日曜日
TEL:045-565-9890 FAX:045-565-9891
■相鉄本線西横浜駅から徒歩10分
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆