I's style

TEL:045-565-9890

FAX:045-565-9891

子供部屋リフォームのポイントをご紹介

こんにちは。
春が近づき、お子様の進級、進学に合わせて、子供部屋のリフォームをお考えの方も多いのではないでしょうか。


アイズスタイルでも、ファミリーのお客様から子供部屋改築のご相談をいただきます。
そこで本日は、子供部屋改築・リフォームのポイントとその方法をご紹介しようと思います。

子供部屋ってどうやって作る?



子供部屋の改築は、

  • 一つの部屋を二つに分ける

  • 可動式の間仕切りを設置する

  • 壁紙や床材を変更する

  • 独立した子供部屋ではなく学習スペースを設ける
  • このようにいくつか方法とパターンがあります。





    まず、一つの部屋を二つに分ける場合、
    収納スペースなどを工夫しながら、いかに空間を有効に使えるかがカギになります。
    元々一部屋だったところを二部屋にするため、一部屋がかなり狭くなってしまいそうですが、
    工夫次第で、狭さを感じさせない作りにすることもできます。


    また、間仕切りを設置して部屋を分ける方法もあります。
    単純に壁を設置するのではなく、可動式の間仕切りを設置することで子供が大きくなった時にまた違った部屋の使い方をすることもできます。
    特にマンションリフォームなどの子供部屋改築ではよく見られる方法です。


    最後に壁紙や床材の変更ですが、上の二つに比べると取り掛かりやすいリフォームです。
    子供部屋の雰囲気がある壁紙に変更したり、床材に変更しますが…
    しかし子供の成長は早いので大きくなった時に「子供っぽいから嫌!」とならないように、
    ポイントで、暗い部屋で天井が光るタイプの壁紙を使用したり、お子様が好きな色などを取りれてみるのがおすすめです。


    また、壁紙は汚れを落としやすいタイプやキズに強いタイプなどもあります。
    通常の壁紙よりは少し費用が高くなってしまいますが、そういったタイプもおすすめです。



    子供部屋リフォームのポイント

    子供部屋リフォームは、子供の成長を見据えて、レイアウトや収納などを考えると良いと思います。
    長く使うことを踏まえて、可動式の棚や収納スペースを設置したりしましょう。


    子供が大きくなるにつれて、勉強道具や洋服、部活動の用具など物も増えていくので
    収納スペースはあらかじめ確保しておくことをおすすめします。


    また、戸建ての場合もマンションリフォームの場合も、
    子供がまだ小さい時は特に「防音リフォーム」も良いと思います。
    室内で走ったりジャンプしたりした時に、床材や壁に防音効果があるものを使用した防音リフォームをしているとより安心かと思います。

    まとめ

    いかがでしたでしょうか。
    なんと言っても子供の成長は早いものですので、長く使うことを踏まえてレイアウトなどを工夫すると良いと思います。


    アイズスタイルでは子供部屋改築も承っておりますので
    ご要望に合わせて、様々なプランをご提案させていただきます。


    気になることやご相談などございましたら、お気軽にお問い合わせくださいね!




    ☆相鉄線沿線(横浜駅〜西谷駅)の施工対応注力しております!
    ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
    株式会社アイズスタイル
    本社:神奈川県横浜市西区南浅間町11-4 谷口ビル102
    事務所:神奈川県横浜市西区浅間町5-378-12 Kビル2F
    営業時間:09:00 ~ 18:00
    定休日:日曜日
    TEL:045-565-9890 FAX:045-565-9891
    ■相鉄本線西横浜駅から徒歩10分
    ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆